依存症治すためのサイト

30代後半の奈津です。私は小さい頃から抜け出せない癖がある。もしかしたらこれが「依存症」と言うのではないか?と思うようになりました。
そこで依存症について色々調べ始めました。

 

ウィキペディアを読んだけど・・・ちょっと小難しい書き方をしていてわかりづらい。そして色々調べたらすごくわかりやすく書いてあるサイトを発見(*^。^*)

 

どうやら依存症って、日常生活に支障をきたすほど、お酒や薬物などを使用したり、買い物などにのめり込んで、自分だけの力では辞めることができない状態の事なんだそうです。
私は日常生活に支障はきたさないので、私の場合は「依存症」ではなく「癖」なのかな?でも大切にしていたデニムが履けなくなってしまった(-_-;)

 

私の癖は、物心ついたときにパンツやシミーズ(懐かしい響き)のさわり心地が大好きで、ずっと触っていました。すると次第に触っていた場所が黒く変色し、次第に穴が開いてしまった。
何枚も同じ状況で穴が開いてしまったので、親が不審に思い私を凝視。すると私が穴と同じ場所に手をいつでも持って行っていたのです。親に手を取られて、自分でもはっと気づきました。
実は私も無意識でやっていていました。

 

 

何度も注意されて、一見治ったかのように思えたこの行動。しかし辞めていたと思われていた時、実は私他にいいさわり心地の生地を探していました。
タオルを触ったり、毛布を触ったり、洋服を触ったり・・・・

 

 

でもどれもしっくりこず穴が開くことが無くなった。しかし高校生になりデニムを履くようになり一気に目覚めちゃいました。
このさわり心地いい感じって・・・・。

 

 

洗いざらしの硬いデニムは嫌いで、洗っていないようなクタクタのデニムのさわり心地が好き。自分が履いているものも触れば、友達や彼氏のデニムも触っていた(笑)
次第に自分のデニムの一部に穴が開くようになりました。

 

依存症

 

上の丸には2箇所空いていて、下の丸には1箇所穴が開いています。
パッと見穴が開いているようには見えませんが、ちょっと横に引っ張ると穴が開いているのがわかります。

 

 

それから20年近くやめられずにいます。
履いているデニムがダメになるのは嫌なので、もう履かなくなった気持ちがいいデニムを触るように持ち歩くことにしました。

 

もちろんそれでもいいんだけど、やっぱりいつも触る場所があるのでそこが落ち着くのです。
このまま一生治らないのか・・・どうなんだろう??とちょっとこの先の自分を不安視しています(笑)

 

私の癖が遺伝したのか・・・娘がいつでもタオルを握りしめています。最初は「タオルちょーだい」だけだったのが「チクチクする〇〇のタオルがいい」と言うように・・・
私はさわり心地が気持ちいいものがいいが、娘はチクチクするようなものが好きみたい。

 

チクチクってちょっとわかりづらいかもしれませんが、古いタオルで柔らかくなくちょっと痛いやつが好みなんです(涙)これも一種のタオル依存症なんでしょうかねぇ。

続きを読む≫ 2014/09/29 17:33:29

アルコール依存症

依存症の中で一番よく聞くのがアルコール依存症なんじゃないでしょうか?大人になるとアルコールを飲んでも良くなるので、飲み始めますね。

そして苦手だと思う人もいれば、美味しいと感じる人もいる。私はお酒が好きな方ですね。

 

若い頃は、飲んでも飲んでも全然平気でした。しかし妊娠して出産して・・・といている間にお酒から遠ざかっていたら、弱くなって今では1日1本しか飲まなくなりました。

 

お酒を飲むのは、気持ちよく酔って日頃のストレスを発散したいわ♪なんていう思いが多いのではないでしょうか?
私も心地よく酔うために1日1本飲んでいます。これ以上飲むとちょっと翌日辛くなる。

 

最初は1日1本で気持ちよく飲めたのが、3本に増やしたのにも関わらず酔えなくなっていくことを「耐性」といいます。ただアルコール依存症になると、ちょっとの量でひどく酔ってしまいます。
たくさん飲んでも大丈夫な人とアルコール依存症の人の区別は、自分でコントロールできるかどうかで決まります。

 

アルコール依存症になってしまうと、気持ちがいいと思える量で切り上げることができなくなり、飲みすぎて問題を起こしてしまうようになります。一度アルコールの量をコントロール(程よい量で切り上げること)できなくなると一生治らないそうです。

 

だからずっと酒を飲んでいなくて「もう自分は依存症が治った」と思ってお酒を口にしてしまうと、またアルコール依存症になってしまいます。一度こうなってしまったら、酒を断つ以外には方法がないです。

 

でも酒好きには、アルコールを断つを言うのはかなり難しい問題ですね。遺伝も多少なりとも関係しているようなので、親がアルコール依存症であれば気を付けたいところではありますね。

続きを読む≫ 2014/09/29 17:31:29

息子が一時期「ゲーム依存症」ではないか?と思ったことがありました。小学校へ上がるまでは、ゲーム機は一切与えませんでした。
そしたら小学校へ上がってできた友達がみんなゲーム機を持っていたんです。

 

毎日のようにゲームを持っている友人宅へ遊びに行きました。「たまにはうちで遊んだら?」といった所「うちにはゲームが無いから行きたくないって言われた」と言ってきたのです。
ゲームが無いと遊べない時代かぁと思って、悩んだ挙句買うことにしました。

 

すると我が家にも遊びに来てくれるようになりました。ゲームにハマリ1年程たった時に、学校から帰って着てはずっどゲーム、食事中もゲーム・・・とゲームばかりしていたので、やりすぎだと注意したら、ゲームを始めたころと違って怒りやすくなってきました。ちょっとしたことでキレ始めたので、もしかしてゲーム中毒じゃ・・・・と思いゲームを隠すことにしました。

 

隠した直後は、イライラ感があってやはり怒りやすかった。だけど1週間もすると以前の息子になっていた。それ以来、友達と遊んだ時と、平日はご飯を食べるまでと決めました。
程よい時間のゲームが一番良さそうです。

 

ただ新しいゲームを買った直後は、友達よりも早く進めたい気持ちもあるようで、いつもより長くやっていたなぁ。うちの息子は、極端に怒りっぽくなったけど、それ以外に視力や腱鞘炎、光過敏性発作などが心配になりますよね。視力検査はちゃんとしていないけど・・・悪くなってそうです。パソコン用のメガネを買ったのですがつけたのは最初だけ・・・今ではどこに行ってしまったのかがわからない。

 

やはり子供のゲームのやる時間は親がコントロールしてあげないといけないですね。ただ夏休みは要注意。
夏休みに限らず、春休みや冬休みで長期にわたり休みだと、本人にとっては毎日土日気分なので、ずっとやってしまいます。

 

今では外遊びにもハマってゲーム以外もするようになりました。やはり子供は元気に外遊びするのがいいですね。でも都会だと逆に外遊びが危険な場所もあるので難しいところでもありますね。

 

もう少し大きくなると、寝る真も惜しんでゲームをしてしまう人が増えてきます。社会人でもそういった人いますよね。翌日会社ですごく眠そうにしている。
翌日に影響が出るのも社会人としてよくないし、若干ゲーム廃人になりつつありますね。

 

子供がこんな大人にならないように今から気を付けたいです!!

続きを読む≫ 2014/09/29 17:30:29

一時期ガラケーからスマホに変えたらハマっちゃいました。あとはスマホアプリにもハマり、ずっとやってしまった。
でも数日スマホを触らないようにしたら、ゲームする気もなくなり今ではまったくやらなくなった。

 

スマホを触るのを我慢する当日はかなり禁断症状??と言うか、イライラ感だったり、スマホを探してしまう自分もいました。
でも子供にもゲームを注意しているので、やはり抜け出さないといけないと心に決めて、頑張りました。

 

我が家の子供が、スマホを持たせる時代も刻々と近づいてきました。なるべくガラケーを与えるようにしたいが、やはり友達がスマホを持っていて親もスマホだと「僕も欲しい」となってしまうよね。
ゲームにはまる息子だし、今でもたまに私のスマホでパズドラしているし・・・きっと自分のスマホが手に入ったら、同じようにスマホにハマッテしまう時が来ると思う。

 

とりあえず夜は、スマホを親が管理して毎日中身チェックがいいだろう。やはりlineも始めるのかなぁ?
最近のlineいじめも怖いし、でもスマホが無いと仲間外れになったりと・・・難しい時代ですよね。

 

私が小さい頃にスマホや携帯があったなら、絶対に買ってもらえなかったでしょう。なんせビンボーだったので、欲しいものは安いお小遣いを貯めて買ってたので・・・

 

話は戻りますが、実は私、一時期親指の付け根が痛かったのです。なんで痛いんだろう??と思っていましたがどうやらスマホの使い過ぎでなる腱鞘炎だったようです。
ニュースを見た時に「これだ!!」と思ってしまった。今ではあまり使わないようになったので、腱鞘炎になる事もないけどね。

 

でも今は小さい子にスマホを与えているのが結構問題になってますよね。まだ2歳とかに外出先でおとなしくしていて欲しいがために、スマホを渡して使わせる。
たしかに目にも良くないし、親子の会話もなくなりますね。

 

でもうちの一番下もそれに近い。うちの場合は、使えと渡したわけじゃないけど、私が使っているのを見て「貸して」と言ってくるので貸したらいつの間にか使いこなせるようになっていた。
写真を撮るのが大好きで、あとはこびとづかんのかるたをしています。

 

 

なめこも良くやっている。私みたいな親が、スマホ依存症予備軍を作ってしまっているのだろう。
このサイトを作るにあたって、自分の気持ちも引き締めないと。

 

 

今日から家族でいる時はスマホを片付けて子供の視線に入らないようにしたら、時期にスマホの存在を忘れてくれるかな??
あー子供をスマホ依存症にしたくないよぉ。

続きを読む≫ 2014/09/29 17:28:29

コーヒー依存症

私はコーヒーではなく、紅茶派。私の中で、珈琲=タバコという図式がある。

タバコ吸う人は、珈琲が好き。珈琲が好きな人は、タバコが好き。けど、タバコを吸う人は珈琲が好きだが、珈琲好きはタバコを吸わない人は結構いるかな?スタバは禁煙だしね。

 

上記の図式があるから珈琲を飲まないわけじゃないけど・・・あまり珈琲を美味しいと思えないので舌がお子ちゃまなのかな?

 

紅茶に関しては依存症ってほどハマる人はあまり見たことないけど・・・珈琲ってハマっている人多いよね。
うちの親や旦那も中毒か?って程珈琲ばかり飲む。親はタバコをやめたが、珈琲はやめられないようです。それほど依存度が高い飲み物の様です。

 

でも珈琲ってカフェインがたっぷりなので、飲みすぎ注意な飲み物なんだよね。おぉ私が大好きな「コーラ」にもカフェインが入ってる(@_@;)
でも紅茶よりも少ないわ。じゃあまり気にすることないか。カフェインは女性の敵!?なので出来ればあまり摂取しない方がいい!!

 

 

実は、シミの原因のメラニンを拡散させちゃうようで、シミを悪化させてしまうみたい。妊婦さんはカフェインは摂らない方がいいとよく言われるけど・・・実はカフェインのせいで、胎児へ酸素や栄養が送りにくくなってしまうので、あまり摂らない方がいいんだって!赤ちゃんが低酸素状態になると命の危険にもつながるみたい。

 

かと言って妊婦さんが、コーヒー飲んだらすぐに良くないかといったらそうではありません。過剰に摂取するとよくないってだけですので安心してね。
普通の人は、カフェインを一日400mg以下が望ましく、妊婦さんは300mg以下が良いそうです。

 

でもカフェインの量で言われてもよくわからないよね。珈琲でいうと・・・普通の人は5杯程度、妊婦さんは3杯程度までは飲んでも大丈夫みたい。
でも注意はすることに越したことないし、他の飲み物にカフェインが入っていると過剰になっちゃうので、なるべく減らした方がいいかな??

 

カフェインを摂取しないと、イライラしたり、眠気があったり、体がだるかったりしたら「カフェイン依存症」の可能性があるので気を付けて!!

 

私も好きでたまに飲んでいますが、ノンカフェインのタンポポ珈琲があるのでお勧めです。しかも妊婦さんや授乳している人がタンポポ珈琲を飲むと母乳が出やすくなるのでいいですよ!

続きを読む≫ 2014/09/29 17:27:29

タバコ依存症

自分はタバコを吸わないので、タバコの良さがちっともわからない(@_@;)

私からするとただ単に臭いし迷惑な存在がタバコ。でもこれがやめられなくなっている人がたくさんいる。これがまさに「タバコ依存症」ですね。

 

私は単に、口さみしくて吸ってしまうのかと思っていました。でも実は「脳」も関係していて、思っていたよりも奥深かった。脳には、ニコチンが結合すると快感が生じる受容体があります。
タバコは吸うとニコチンは血液の中へと入り、ニコチンが脳へあっという間に到着します。ニコチンとその受容体が合体すると、快感を生じる物質が出てくるのでまた吸いたいと思うようになるそうです。

 

それを繰り返すことでどんどんハマッテしまうようです。

 

若かりし頃に、友人が吸っていたので私もちょっと試してみたけど、やはり快感を得る前に煙くて臭くて吸ってられなくなりました。でもこんな私ももしも快感を感じてしまっていたら、その時にハマッテしまっていたのかもしれません。
タバコは体へも悪影響を及ぼすし、自分だけでなく他人に迷惑をかけるので、子供には吸わせないように何としてでも教育しないといけないと思います。

 

やはり健康に悪いし、タバコも値上げして高いので辞めようと心に誓ったのに、タバコをやめられない人何人も見ました。普通に辞めようと思うと、ニコチンが切れて「イライラ」したり「怒りやすい」など結構他人にも迷惑をかける。
実際にうちの旦那も何度も禁煙にチャレンジしたが、すぐにイライラしはじめて、家族がある意味巻き込まれた。
しかし巻き込まれたのにもかかわらず禁煙できていないという・・・情けない結果。

 

そこで病院へ行って処方してもらいましたが、薬を飲むと気持ち悪くなる・・・と言ってはすぐに辞めてしまった。あとはうちの旦那もそうでしたが、ニコチンを切ろうと思うと今度はイライラを解消するために「食」に走る人がかなりいるそうです。そうすると今度は食べすぎで太りすぎになってしまう。

 

アルコール依存症の人も、アルコールを断とうとして、食に走る人がかなりいるそうです。何かを辞めると何かを始めてしまう、結局どこかに逃げを探してしまうようです。
何かの依存症を治すには、自分自身で依存症である事を認め、家族や周りにも協力してもらい打ち勝つ心を付けないといけませんね。

続きを読む≫ 2014/09/29 17:25:29

小学生の頃から体毛が濃いことが悩みでした。

 

中学生に入ると、男子の視線も気にするようになりますし、同性の友人からもムダ毛の処理の話題を降られることが多くなったり、お互いの処理をチェックするようにもなってきて、よりいっそうコンプレックスがひどくなってしまいました。

 

その頃から自宅で自己処理をしていましたが、カミソリを使って肌荒れを何度も起こしてしまいました。

 

除毛クリームやワックスも使ってみたこともありますが、痛みが酷かったりよりいっそう肌荒れが進行するなど、中々綺麗に仕上げることができませんでした。

 

成人してからは脱毛サロンにも通ったこともありましたが、仕事が忙しくなったりすると中々通うことができなくなったり、時間ができても予約が取れなかったりと、最後まで施術を完了したこともありません。

 

最近はサロンではなく、クリニックの永久脱毛の利用を検討しています。

 

費用はサロンよりも高くなってしまいますが、一旦処理を完了してしまえば今後は脱毛にコストが掛かることもありませんし、毎日の処理から解放されるのもメリットと思っています。

 

夜8時ころまで営業しているところもあるらしいので、職場からでも通いやすいクリニックを探そうと思っています。

 

他にも脱毛サロンの通いにくさが原因であるならば、家庭用脱毛器もありかなと思っています。家庭用脱毛器だったら、ケノン 口コミが非常にたくさんあって使っている人が多いみたい。

 

少し検討してみようと思います。

続きを読む≫ 2014/09/29 17:24:29 その他記事

占いにハマッテいく人は、自分に自信が無かったり、恋愛でうまく行っていなかったり、人間関係で悩んでうまいこと解消できない人が多いと思います。
きっかけは本当に些細なことが多いと思う。

 

恋愛でうまく行かないことがあると、ついつい星占いとかが気になってきますね。
うまく行かない時期に「今は恋愛はうまくいかない」とか買いてあると・・・やっぱりそうか、今は振られても仕方ない・・・とか思ってしまったりする。

 

最初は今の状態と占い結果が当てはまるかどうかのチェックだったのが、次第に未来を見たくなってきてしまう。
そのうち、毎日占いが気になりだしてしまう。
今までは、雑誌とかに書いている占いや、無料で出来る簡単な占いで一喜一憂していたんだけど、やはり自分自身を占って欲しいなぁと思いが強くなり、お金を出して占い鑑定を依頼してしまいたくなってきます。

 

恋愛だけでなく、何かに不安だったりしているときに話を聞いてくれる人がいるとすごく心が落ち着く。占い師さんって私も相談したことあるけど、色々話聞いてくれるのでなんか安心するんだよね。
だけど、自分だけの鑑定をしてくれるのでお金が高いのです。私はお金を出して鑑定したのは1回しかありません。

 

やはり有料鑑定は高いので、何回も私の場合はいけません。だけど依存症になってしまっていると、どんどんのめり込んでしまうのでお金のあるなしではなくお金をつぎ込んでしまう。
でもお金払って鑑定してもらうと心が一時的に落ち着くので、安心感をお金で買うという感じになってしまう。

 

占い依存症になるのは、だいたいが女性なことが多いですね。しかも依存症になる人って「自分は依存症ではない」と思っている人が多いので、厄介なんです。
例えば周りが「あの人は依存症なんじゃないかな?」と思って話しても「私は全然平気よ!依存症ではないし、それより〇〇さんの方が依存症なんじゃない?」と言ってきたりする。

 

自覚症状が無いのが一番危険なんです。自分の周りで「この人依存症じゃない?」と言う人がいたら言ってあげた方がいいと思う。
そして話を聞いてあげて、本人を納得させて悪のスパイラルから抜け出してあげないと・・・どんどん落ちて行ってしまう。

 

私も占いは好きです。でも依存しないように気を付けています。
やはりのめり込みすぎると・・・占いに振り回されてしまうので人生をダメにしちゃうので、占いはあくまでも当たるも八卦当たらぬも八卦と思って気軽にやるのが一番ですね。

続きを読む≫ 2014/09/29 17:24:29

砂糖依存症があると聞いてビックリしました。小さい頃すごく甘いものが大好きで、紅茶に角砂糖を5個とか入れていた私。
だけど、自分よりもっと砂糖を入れる人を見たら、なんとなく気持ち悪く思えて飲み物に砂糖を入れるのが苦手になりました。

 

砂糖依存症って、聞いただけだと単なる「甘いものが好き」と言う人なのかな?と思いますね。もちろん甘いものが大好きなんだけど、一見さほど悪い依存症には思えないのが砂糖依存症の落とし穴といえるのではないでしょうか?

 

実は、砂糖依存症になると老化が早まると言うんです。なんかビックリじゃないですか?
砂糖依存症で、太ったりニキビが出来たり・・・と言うのはわかるけど老化を早めるなんて、女子には嫌なことですよね。

 

実は、砂糖をたくさん摂りすぎるとAGEsという物質が増えるそうです。この物質が増えちゃうと体内が老化しやすくなるんだって!!
この物質のせいで、シミやシワが増えるようです。

 

シミやシワの様に見た目の肌だけではなく、内臓や骨などの見えない部分にも老化は影響するそうです。
見えるところだと自分も気を付けるけど、見えないと「本当に老化しているのかな?」とちょっと半信半疑なところがありますよね。

 

あとは、砂糖は体を冷やす作用もあるので、低体温を引き起こしやすいそうです。私は低体温で平熱が35.3度・・・あのまま砂糖大好きだったらヤバかったのかもしれない。

 

砂糖と脳は切っても切れない関係なようで、薬物依存症に近い状態になるそうです。
疲れた時、ストレスが溜まった時に「甘いものが欲しい」と思うのはそういった事も原因の一つなんですって!

 

砂糖の摂り過ぎで、美容だけでなく健康被害にも合ってしまうので、砂糖依存症にならないようにしましょうね。

 

あと、ご飯を食べずに「お菓子が夕食」と言っている人をたまに見かけますが、こういった人がかなり危険です。

 

 

うちの子供なんかもやはり「ご飯よりもお菓子が食べたい」と思っているところもあるので、小さいうちから気を付けてあげないといけませんね。
子供に関しては、親がしっかり注意して食生活を見直さないといけませんね。

続きを読む≫ 2014/09/29 17:23:29

昔の友人にもいました「買い物依存症」の子が・・・・いつも新しい洋服を着たり、新しいバッグを持っていました。
私は当時会社員していたけど、一人暮らしをしていてあまりお金もないので、欲しくても服は買えませんでした。

 

 

その友人はとても可愛いしセンスも良いので、一緒に服を選んでもらったらいいんじゃないかな?と思い一緒に買い物へ・・・
すると気前よくポンポン買い物していた。

 

 

しかし途中で定員さんと揉めていたので聞いたら、カードの利用残高がなかったようで使えなかったのです。
そこで諦めるのかと思いきや・・・・家賃を払うつもりで取っておいたお金で支払ったようです。

 

 

その後家賃をどうしたのかはわかりませんが、依存症になるとどうしても買い物がしたくて仕方なくなり、生活費よりも買物費と言う感じになってしまって、金が回らなくなるようです。
その子はいつもホッソリしていたのですが、実は食費<買い物になってしまっているので、食べるものがなくてもいいので買い物がしたくなってしまうようで、結局食べるものが買えずに食べない生活していたら痩せてしまったようです。

 

この子は買い物依存症だ!と気づいてからは、買い物させないように色々言ったのですが・・・ダメでした。
その子は、自分だけの買い物だけではなく、プレゼントもするのが好きで、お金が無いのに気前よく友達や彼氏に高額のプレゼントをしていました。

 

その子と色々話すと、きっかけは失恋だったようです。失恋のさみしさを紛らわそうと買い物したら、一時的にスッキリしたのでついつい憂さ晴らし的に買い物をするようになったようです。
やはり恋愛には恋愛が一番と思った私。

 

 

だけどその子は、貢ぐ癖もあったので・・・新しい彼が出来ても貢いでしまった。
しかし相手がとっても良い人で、その子の買い物依存症にすぐに気づき、一緒に直そうと頑張った。

 

カードは全部彼が精算して全て解約。やはりカードを持っていると使ってしまうので、カードを断つことが一番最良の方法と言えよう。
愛の力とカードを断ったことで、なんとか治りました。

 

けど・・・その彼とも別れてしまったと風の噂で聞いたので、もしかするとまたどこかで買い物依存症になっていないかちょっと心配です。
依存症は繰り返してしまう事が多いと聞くので、また別のささいなきっかけがあると発症してしまう場合があるので、気を付けてくださいね。

続きを読む≫ 2014/09/29 17:21:29