ぬいぐるみ依存症

ぬいぐるみ依存症

ぬいぐるみ依存症って、周りに迷惑もかけないし、べつに直さなくてもいいじゃないって思いますよね。

私もそう思っていた。だけど、ぬいぐるみ依存症って、いろんな理由があるけど「愛情不足」が原因だったりするんだよね。

 

例えば、親が離婚してさみしい気持ちを紛らわすためにぬいぐるみに依存したとか・・・・。
彼に振られてしまい、さみしくてぬいぐるみに話しかけているうちに依存症になったりと理由は様々だけど、さみしさを紛らわすために・・・ということが多いみたいですよ。

 

 

だからぬいぐるみ依存症に関しては、「ぬいぐるみ依存症を治そう!」ではなくて「なぜぬいぐるみ依存症になったのだろうか?」と考える方がいいと思う。
原因を探して、その原因を取り除いてあげることによって、自然とぬいぐるみ依存が治ることがあります。

 

例えば、一度恋愛に失敗してからぬいぐるみ依存になった場合は、心底信用できる素敵な彼が出来たら自然とぬいぐるみを手放すことがあります。

 

 

今まで、ぬいぐるみと一緒にいることでさみしさを紛らわしていたけど、ぬいぐるみに代わるほどの素敵な人に出会えれば、物言わないぬいぐるみよりも彼にぬくもりを感じぬいぐるみよりも一緒にいたいと思えるでしょう。
ただ・・・その彼がとっても良い人でも、あまりに忙しすぎて中々会えないと、またぬいぐるみに走ってしまう場合もあります。

 

余談ですが、ぬいぐるみ依存症の方のぬいぐるみって、ずっと持ち歩いたりしているのでボロボロだったりしますね。
だけどそのぬいぐるみじゃないとダメって時も多いので、周りからしたら「汚いぬいぐるみ」でも本人にとっては大切なぬいぐるみなので、ボロボロだからって新しいぬいぐるみをあげても喜ばなかったりするし。

 

 

私が見ていて多いなと思うのが「このぬいぐるみじゃないとダメ」と言う人。でも中には、とにかくぬいぐるみに囲まれると落ち着くわと言う人もいる。こういった人は、どんどんぬいぐるみを集めて家の中がすごいことになる人もいるね。
ぬいぐるみ依存症は、奥底に根深いものがあるので、安易にやめさせようと思わないで、優しく原因を一緒に取り除くのがいいでしょう。
また原因が取り除かれても、また繰り返す再犯性は否めないので、ちょっと厄介な依存性とも言えます。
あくまでも私一人の意見だけど、そこまで無理やり治さなくてもいい依存症と思うので、自然と手放せる日を待つのがいいんじゃないかな?と思います。