タバコ依存症

タバコ依存症

自分はタバコを吸わないので、タバコの良さがちっともわからない(@_@;)

私からするとただ単に臭いし迷惑な存在がタバコ。でもこれがやめられなくなっている人がたくさんいる。これがまさに「タバコ依存症」ですね。

 

私は単に、口さみしくて吸ってしまうのかと思っていました。でも実は「脳」も関係していて、思っていたよりも奥深かった。脳には、ニコチンが結合すると快感が生じる受容体があります。
タバコは吸うとニコチンは血液の中へと入り、ニコチンが脳へあっという間に到着します。ニコチンとその受容体が合体すると、快感を生じる物質が出てくるのでまた吸いたいと思うようになるそうです。

 

それを繰り返すことでどんどんハマッテしまうようです。

 

若かりし頃に、友人が吸っていたので私もちょっと試してみたけど、やはり快感を得る前に煙くて臭くて吸ってられなくなりました。でもこんな私ももしも快感を感じてしまっていたら、その時にハマッテしまっていたのかもしれません。
タバコは体へも悪影響を及ぼすし、自分だけでなく他人に迷惑をかけるので、子供には吸わせないように何としてでも教育しないといけないと思います。

 

やはり健康に悪いし、タバコも値上げして高いので辞めようと心に誓ったのに、タバコをやめられない人何人も見ました。普通に辞めようと思うと、ニコチンが切れて「イライラ」したり「怒りやすい」など結構他人にも迷惑をかける。
実際にうちの旦那も何度も禁煙にチャレンジしたが、すぐにイライラしはじめて、家族がある意味巻き込まれた。
しかし巻き込まれたのにもかかわらず禁煙できていないという・・・情けない結果。

 

そこで病院へ行って処方してもらいましたが、薬を飲むと気持ち悪くなる・・・と言ってはすぐに辞めてしまった。あとはうちの旦那もそうでしたが、ニコチンを切ろうと思うと今度はイライラを解消するために「食」に走る人がかなりいるそうです。そうすると今度は食べすぎで太りすぎになってしまう。

 

アルコール依存症の人も、アルコールを断とうとして、食に走る人がかなりいるそうです。何かを辞めると何かを始めてしまう、結局どこかに逃げを探してしまうようです。
何かの依存症を治すには、自分自身で依存症である事を認め、家族や周りにも協力してもらい打ち勝つ心を付けないといけませんね。